「頭にノニを塗る」伝承スカルプケア【Rambut(ランブット)】の新潮流

(今回の執筆担当)
さとみ:年齢不詳の中性的な女性。血がよく似合う博愛主義な騎士。黒に近い青の髪と赤い瞳を持つ、ジャケットに天使のような中東出身者。


デジタル活用力アップのために毎日知識を調査しています!


貢献できるかどうかわかりませんが、ご照覧いただければと思います☆

以下関心を持ったもののまとめです。



Rambut(ランブット)


【ランブットの実績】



「頭にフルーツを塗る」「週2回の使用でOK」
ランブットはこれまでのスカルプケアの常識を覆す新
しいアプローチで市場に受け入れられています。


コンセプト1「頭にフルーツを塗る」


ランブットはインドネシアで取れるノニというフルーツを使っている非常に珍しいス
カルプアイテムです。頭にフルーツを塗るという表現をしておりますが斬新であるた
め非常に読み手に刺さっています。


ランブットで使用しているノニの原産地インドネシアでは薄毛の男性は少なく
ノニを頭に塗る習慣があります。実際にランブットはインドネシアの毛髪専門の美容
室を訪れた際に行っていたヘアケア処方を取り入れたものになります。


日本ではノニジュースがエイジングケアとして話題となったのでご存知の方もいるか
もしれませんが、ノニは奇跡のハーブと言われるほど栄養が詰まっており140種類
以上の有用成分が詰まっています。

原産地インドネシアでは一家に一本ノニの木を植えて健康に役立てており、頭だけで
なく肌にも塗り美容法として活用されているほどです。


コンセプト2「頭皮の洗浄+栄養補給」で差別化


インドネシアではノニを頭に塗ることが習慣化されているとお伝えしましたが、ただ
ノニを頭に塗っているだけではなく、複数の天然オイルを混ぜていました。

このノニと天然オイルをまぜる事が実感の秘訣でもあります。

毛髪に大事なのは洗浄と有用成分の浸透。
普段のシャンプーでは取れない汚れを天然オイルで浮かして洗浄すると同時にノニの
成分をしっかりと届ける事ができます。

もちろんランブットもホホバオイルなどの天然オイルを混ぜこの仕組みをしっかりと伝承。他の育毛剤やスカルプケア商品とは違う差別化された商品に仕上がっているんです。


コンセプト3「使用方法が他とはまったく違う」


ランブットは使用方法や使用頻度もこれまでのヘアケアとは全く違います。
ヘアケアといえばお風呂上りに育毛剤などを頭皮に塗るというのが一般的です。

しかしランブットここでもしっかりと差別化されています。


使用方法としてはトリートメントに似ていますが違いは明確です。
トリートメントは髪に塗りますがランブットはもちろん頭皮に塗ります。

使用方法は単純で、シャンプー後にランブットをしっかりと塗りこみます。
15分ほど放置して浸透させた後、シャワーで洗い流すだけとなっております。



もっと詳しく知りたい方はこちらへ
↓↓↓
Rambut(ランブット)
ランブットのヘアケアで毛髪の悩みから卒業!







【おすすめ記事】